いますぐスイングPOPを採り入れた方が良い理由のご紹介

販促POP・ノベルティグッズの「販促モア」トップページ > コラム > いますぐスイングPOPを採り入れた方が良い理由

いますぐスイングPOPを採り入れた方が良い理由

いますぐスイングPOPを採り入れた方が良い理由


POP広告の歴史とスイングPOP



スーパーや小売店などでよく見かける、商品を宣伝するPOPは、アメリカの量販店で使用されていたものが昭和30年ごろ、日本に導入され、使用されるようになりました。それまでの日本には、POP広告はなじみのないものでした。なぜなら日本では、お店をアピールするちょうちんやのれん、のぼりといったものは古く、室町時代からありましたが、お店に置いている商品をアピールする販促物はありませんでした。

それまでの日本の商品販売は、商品の一つ一つの魅力についてお店の人が接客をし、口頭で説明を行っていました。しかしアメリカ式の場合では、コスト削減によって人員が削られているため、商品アピールをするための人員は確保されなくなりました。コストをカットしながら効率よく商品を販売するものとして、それまで日本にはなかったPOP広告を利用することによって、セルフサービスの販売方法でも商品の存在をアピールができるようになったのです。

POPは人と商品をつなぐ大切なものとして現在ではPOP広告は身近な販促物となりました。そのため、POPはさらに人が見て興味をひくように進化をしています。最近ではPOPカード部分が動く、スイングPOPという販促物が人気を博しています。このPOPが動く仕組みは、POPカードについているスイングアームにあります。このスイングアームはPOP自体の重みに作用して、少しの振動や風でPOPが動くのです。

スイングPOPは、POPにはない「動き」があるため、より人の注意を引き付けられます。また、POPがあることで、お店の雰囲気も華やかなものになります。日本の歴史の中では若いPOP広告ですが、その威力は大きなものです。POP広告は、お客さまと商品をつなぐ架け橋としてこれからも必要とされる広告なのです。



商品価値を高める



POP広告は、商品の存在をアピールするだけではなく、さらなる役割があります。それは、商品の価値自体をあげるという点です。POPカードに、商品の人気をアピールするメッセージが書いてあれば、そのメッセージが商品へのブランディングにもなるのです。もし、メーカー違いの似た商品を販売する際、単に並べられているだけでは売り上げの変化は起きません。聞いたことのあるメーカーの方を選ぶといったこともあるでしょう。しかし、売りたい商品がある場合、その商品についての情報が掲載されているスイングPOPがあることによって目をひくだけではなく、訴求力を増加させることができるのです。

「イチ押し」や「人気」というフレーズは分かりやすく、関心を持ってもらいやすくなります。しかし、どの商品にも「人気」というメッセージを付けているのはあまり上手な広告の使い方ではありません。このため、POPカード配置を考えることや、種類を変える、POPカードのメッセージを工夫するといったことも必要です。メッセージは、単に成分や価格などを記載するだけではあまり広告としてなりたっていません。POPカードのメッセージは、キャッチコピーをつけるような感覚で書いておくと消費者の方は商品がどのようなものかという部分がイメージすることができます。さらに、このような人におすすめ!といったように、ターゲットを絞ったメッセージがあることでPOP広告の効果をあげることが可能です。商品の特徴を抑えた上で、対象者に伝わるようなPOPは関心度が高くなるためです。このため、メッセージを入れる際は、購入者のことを考えると訴求力を上げることが可能です。



製作会社の選び方



POP広告が進化してつくられたスイングPOPは、メッセージの他にもアピール力を高める方法があります。それは、POP広告の形状の種類です。一般的なPOPカードの形は四角ですが、この部分をフキダシの形や花形といった形にアレンジをすることで、さらに商品の訴求力を高めることができます。POP広告にはわかりやすさが大切です。たとえば、撥水コートなどには水滴の形をしたPOPを作成し、メッセージに濡れても安心!といったような内容にすることで、見た目ですぐに商品のアピールをすることができます。

このほかにも、スイングPOPには形状や材質の種類があります。POP広告はもともとローコストの販促物ですが、さらに費用をおさえたい場合、コートカード紙をタイプであれば費用を安くすることができます。合成紙タイプのものは、光沢が増し、耐水性があります。破れにくく、丈夫でもありため、屋外で使用するPOPとしても便利です。スイングPOPには、立体的なタイプのものもあり、正面、左右の両面からアピールをすることができます。以上の特徴をもとにスイングPOPを選ぶのもいいでしょう。

スイングPOPは、媒体を使った宣伝方法ではなく、店舗に直接訪れた方に向けた広告です。別の商品を買いに来店したけれども他の商品を買ってしまうといったことの背景には、他人の気持ちに届いているPOP広告があります。大切なPOP,広告をつくる際は、サンプルを確認するようにしましょう。また、POP広告制作会社によってロッド数が違うため、コストを抑えて作成する場合は、小ロッドの対応をしている制作会社を利用することで価格を安くすることも可能です。

次の記事へ

無料お見積り・ご注文などお気軽にお問い合わせ下さい!

ページの先頭へ

販促モアは、「スイングPOP・プライスカード・スタンドPOP・ミニのぼり」など販促のためのPOPから、販促のためのシール、緊急対応・訂正 シール、ノベルティなどを取扱う激安通販サイトです。低価格・小ロット・短納期など柔軟な対応によりお客様からのクチコミにより多くのお問い合わせをいただいております。注文やサンプル請求や無料見積りなどお気軽にお問い合わせください。