オリジナルステッカーをデザインするためのポイントとはのご紹介

販促POP・ノベルティグッズの「販促モア」トップページ > コラム > オリジナルステッカーをデザインするためのポイントとは

オリジナルステッカーをデザインするためのポイントとは

オリジナルステッカーをデザインするためのポイントとは


何に使うかで変わる



ステッカーを使うとなれば、どのような場面で使うでしょうか。趣味で作ったものはお気に入りのパソコンや文房具、スノーボードなどにも貼ることができます。もちろん趣味だけではなく、ビジネスシーンでもたくさん使う場面はあることでしょう。自分たちの会社のロゴを作って、会社の備品や外に配るものに貼ったりもできますし、宣伝にも使えます。使い道が多様なステッカーですが、そのデザインはどのように考えるべきなのでしょうか。ここではステッカーの作成をどうするべきか、考え方や使いどころ別に作り方を解説します。

まず、ステッカーをデザインするならば、その使う場所によって考える必要があります。ビジネスシーンならばかっちりとしたもの、趣味で使ったり、宣伝で遊び心が必要なものだったりするのであれば、少し派手なものでもよいかもしれません。会社で使うものであれば、会社のロゴやスローガンを入れたり、イメージキャラクターを入れたりしてもよいでしょう。イメージカラーがあるのであれば、それを利用しましょう。また、宣伝したい商品や推しておきたいサービスがあるのであれば、それを取り入れたものを考えてみましょう。

それから使用する場所によって大きさも考えなければなりません。宣伝用に貼るのであれば大きいほうがよいですし、配るのであれば小さいほうがよいです。サイズはさまざまにあるので、専門業者に相談してみてください。サンプルを見せてもらえるところもありますし、参考になることもあるでしょう。

このように使うところによってその色や内容、サイズをきちんと考える必要があります。なぜ使うのか、どこに使いたいのかを考えれば、希望とするイメージも見えてくるのではないでしょうか。



オーダーメイドで作ろう



ステッカーをデザインするうえで、いくつか考えておかなくてはならないポイントがあります。それを踏まえたうえで、専門業者に注文することになりますが、ここではより具体的にどのようにデザインを進めていくかを解説します。

まず、どんなふうに作りたいか、理想を決めたら、あとは具体的に形や大きさを指定していく必要があります。もし、よくわからないと思うのであれば、専門業者が用意してくれているシンプルなデザインやサンプルから選んで作るのもよいのではないでしょうか。最初からオリジナリティーあふれるステッカーにする必要はありません。小ロットで作ってくれるところもあるので、少ない枚数で試してみるのもよいでしょう。シンプルなデザインのステッカーであれば、何にでも利用することができます。ある程度決まったデザインの中から選んで、業者と相談しながら作れば、ほとんど失敗はなくなりますし、具体的にどこに貼るかが決まっていなかったり、販促で使ったりする場合は、ある程度決まったサイズから選ぶこともできます。

こだわりがある場合は、ぜひその熱意を専門業者に伝えてみてください。四角や丸などの単純な形であれば定型がありますが、キャラクターや、オリジナルのロゴを使ったステッカーを作る場合、その形にデザインしてもらう必要があります。シンプルなものに比べて少々時間がかかる可能性はありますが、二つとないデザインのものができたときの感動は、何にも代えられないものです。気に入れば、追加で増やして作ってもらうこともできます。心に残るものを作ってみましょう。



特殊なものも業者に頼めば安心



会社のロゴ入りやイメージキャラクター入り、自分のオリジナルイラストのものなどステッカーのアイデアはとどまることを知りません。100人いれば100通りのものができ上がりますし、楽しみ方もさまざまでしょう。しかし、こうした通常のもののほかに、ビジネスで便利に使えるものがあります。ここでは、アイデア次第できちんとしたビジネスシーンに使えるものを紹介します。

まず、訂正用をご紹介しましょう。これは、文書で誤植が見つかったときや、住所や電話番号が変更になってしまった場合などに、上から正しいものを貼って対応できるシールのことです。これがあれば、たとえたくさんの印刷物に変更が生じてしまったとしてもすぐに訂正することができます。ただし、この作成には注意が必要です。例えば、下の誤植や変更部分が見えないように厚手になっているものを選びましょう。また何回も張り替えるほかのシールとは違い、訂正用はできるだけはがれないもののほうがよいです。さらにいえば、変更するべき箇所とのサイズや形のマッチングが必要となります。文字だけならサイズを変えればよいですが、図形の上に貼る場合などはその図形に合わせて形にカッティングする必要があるからです。

ほかには、POP式のものもあります。店の窓や壁などに貼る宣伝用のものです。いずれは取るところに貼るので、?がしやすいものになっており、粘着などで汚れないところがとても便利。大きめに作って、おすすめの商品やキャンペーン中のものを貼るのもよいでしょう。このようにさまざまな種類や使い道があり、シーンに分けてきちんと考える必要があります。どこでどう使いたいか、イメージすることが大切といえそうです。

次の記事へ

無料お見積り・ご注文などお気軽にお問い合わせ下さい!

ページの先頭へ

販促モアは、「スイングPOP・プライスカード・スタンドPOP・ミニのぼり」など販促のためのPOPから、販促のためのシール、緊急対応・訂正 シール、ノベルティなどを取扱う激安通販サイトです。低価格・小ロット・短納期など柔軟な対応によりお客様からのクチコミにより多くのお問い合わせをいただいております。注文やサンプル請求や無料見積りなどお気軽にお問い合わせください。