オーダーメイドシールとステッカー、どちらがいい?のご紹介

販促POP・ノベルティグッズの「販促モア」トップページ > コラム > オーダーメイドシールとステッカー、どちらがいい?

オーダーメイドシールとステッカー、どちらがいい?

オーダーメイドシールとステッカー、どちらがいい?

シールとステッカーには違いがある?


新商品の宣伝などでノベルティグッズを作る際に、オーダーメイドシールを作りたいと希望する人も少なくありません。シールと同じようなタイプのものとしてステッカーの制作を検討する場合もありますが、シールとステッカーにはどのような違いがあるのか、今一つイメージできないという人も多いでしょう。両者には用途の面で異なるポイントがあります。簡単に言ってしまうとシールとステッカーの違いは、屋内で使用するか屋外で使用するかの違いです。
シールの場合、基本的に屋内で使用する際に用いられることが多くなっています。素材としては紙素材のものがよく使われ、クラフトシールなどの種類が挙げられます。紙素材が中心なので屋外、特に濡れるような場所で使用するのには不向きです。ただし中には合成紙シールや白PETシールのようなものを取り扱っているところもあり、これらは耐水性があります。そのため、素材によっては屋外で多少使用しても問題はないでしょう。
オーダーメイドシールの中にはいろいろな種類があります。そこで自分たちの用途に合わせてどれにすればいいかを比較してみましょう。例えば冷蔵品に貼るシールの場合、アート紙シールや合成紙シールのような冷蔵用糊を使っているものを使用したほうが長時間はがれることは少なくなります。
ステッカーの場合、主に屋外で使用することが目的の際に使用されることが多いです。しかしどのような素材を使っているかで、長期間使用できるか、屋外では短期間しか使用できないかが分かれてきます。短期間だと1、2年程度しか持たないものが多いですが、長期用になると3年から5年程度持つ可能性が十分あります。また中にはバイクなどのヘルメットに貼ってもらえるようなものを作りたいと思っている人もいるでしょう。その場合には、曲線でもしっかり貼り付けられるような種類のステッカーを探すのが適切です。

自分の用途に合わせて選ぶべし


オーダーメイドシールとステッカーには屋内で使用するか屋外で使用するかに違いがあります。そのことを理解したうえで、主にどこで使用することになるかを考えて、どちらにするか検討しましょう。屋内で利用してもらいたいのであればオーダーメイドシールでもいいでしょう。しかし主に屋外で使用する、耐水性が求められるのであればステッカーをチョイスするのが相応しくなります。先ほども紹介したように、オーダーメイドシールの中には耐水性に配慮してフィルム加工している種類もあるにはあります。しかしより優れた耐水性にこだわるのであれば、ステッカーのほうがいいでしょう。このようにシチュエーションによって使い分けることが大事です。
もう一つシールに似た種類として、ラベルという言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。ラベルはシールと似たようなものです。シールと一緒で主に屋内用途で使用されることが多いものです。しかしシールの場合、フルカラーの印刷に対応しています。ラベルの場合は、基本的に黒一色、もしくは黒一色にカラー単色での印刷の際に用いられます。そのためラベルとシールを比較した場合、より多くのカラーの利用できるシールのほうがおすすめです。
もし黒一色だけで大量に作ってほしければ、ラベルのほうがコストも安く抑えられる可能性があります。しかしノベルティなど販促の側面からすると黒一色より、フルカラーのほうが目立ちますし、見る人へのインパクトも異なるでしょう。そう考えると、オーダーメイドシールで作成したほうが販促効果もより高く期待できます。

少しでもコストカットしたい場合のコツは?


オーダーメイドシールを作成するにあたって、できることなら少しでもコストを安くしたいと思っている人は多いでしょう。コストカットをしたければ、いくつかポイントがあります。まずはシールの素材をどうするかです。シールの場合、大きく分けるとフィルム素材と紙素材に分類できます。フィルム素材のほうが水をはじきやすく、耐水性に優れていますが、値段は高くなります。もし水分にあまり触れないというのであれば、紙素材のものでオーダーメイドしたほうが費用も安くなります。
紙素材の中でも主だったものとして、上質紙とミラーコート紙、アート紙、クラフト紙があります。この中でも一般的に単価が安いといわれているのが上質紙です。このようにどの素材を使用すれば費用がどうなるかを意識して探してみるといいでしょう。
また作成するシールのサイズによって価格が変わりますので意識しましょう。ただしサイズが小さければ小さいほど価格も安くなるという単純なものではないため、その部分には注意しなければなりません。オーダーメイドシールを取り扱っている業者のサイトには参考価格についてとサイズ、枚数などの一覧表が掲載されていることがほとんどです。こちらを見て、自分が依頼しようと思っているシールを作成する場合、どの程度の費用がかかるのかを算出しましょう。
実際に依頼する前には、それぞれの条件で作成した場合の見積もりを提示してくれます。見積書を見て、依頼するかどうか、多少コストがかかりすぎであれば、枚数やサイズの調整をして自分たちの予算の枠内に収まるように調整することも検討しましょう。

次の記事へ

無料お見積り・ご注文などお気軽にお問い合わせ下さい!

ページの先頭へ

販促モアは、「スイングPOP・プライスカード・スタンドPOP・ミニのぼり」など販促のためのPOPから、販促のためのシール、緊急対応・訂正 シール、ノベルティなどを取扱う激安通販サイトです。低価格・小ロット・短納期など柔軟な対応によりお客様からのクチコミにより多くのお問い合わせをいただいております。注文やサンプル請求や無料見積りなどお気軽にお問い合わせください。