スイングpopとスタンドpopで効果的にPRをのご紹介

販促POP・ノベルティグッズの「販促モア」トップページ > コラム > スイングpopとスタンドpopで効果的にPRを

スイングpopとスタンドpopで効果的にPRを

スイングpopとスタンドpopで効果的にPRを

揺れるということがもたらす効果


店舗内の訴求ということを考えた場合、さまざまなものが使われます。POPもそのひとつですが、多種多様といってもいいでしょう。非常に種類も多くありますし、使い方次第で効果が変わってくるものです。その中で、スイングpopは、人間の心理をうまくついた方法であり、うまく使えば大きな効果を生み出すことができます。
スイングpopの最大の特徴とは、揺れることにあるでしょう。揺れるように端を留めて取り付けたり、何かに挟んだりしますが、これが重要なポイントです。人間の視線をマーケティングに活用することはよくありますが、スイングpopもその心理を突いた方法です。人間の目線を考えた場合、色や形で追いかけることがあるでしょう。白い空間に赤いものがあれば、それはいったい何だろうかと自然に目線が飛びます。丸いものばかりある中に、ひとつだけ四角いものがあれば、やはり目線が流れていくでしょう。これは、空間の中に異変を感じるからです。何か違和感のあるものが底にあるからこそ、確認しようと考えるといえるでしょう。これをスイングpopも利用します。
スイングpopは、わずかな風でも揺れるように留めておくのがポイントです。店舗の中で、小さくても揺れている存在があれば、それはやはり異変として捉えるでしょう。なぜ揺れているのかを考える前に、揺れているものは何かと確認することになります。
そこにPOPとして訴求をすることが重要であり、この心理をうまく活用しているといえるでしょう。もうひとつ、スイングpopの大半は丸いものであるということです。四角いものもありますが、角をとってあったりもするでしょう。商品のほとんどは、箱に入れられ四角いものが多くなります。丸みがあっても、正面から見れば四角ということも多いですが、ここに丸いものが揺れていたら、これでも目線が動くことになるでしょう。たった一瞬でも目線を奪えれば、そこから興味を引くことも出てきます。だからこそ、スイングpopは有効な手段として、多くの場面で使われていると考えられます。

効果的なポイントは


逆にスタンドpopというものも存在します。これは通常目にするPOPのことで、スイングpopと同様に前面に商品の紹介を記載して使用するものです。オーソドックスな四角いものからイラストの形に合わせてカットできるものなど種類は様々です。それぞれを上手く使い分けることによりさらにPOPとしての効果を発揮します。
それぞれをどのような場所に使うのか、これも大きなポイントになってくるでしょう。訴求効果を上げるためにも、どこでもいいというわけではありません。よく使われているのは、商品の陳列棚です。陳列棚の基本は、フェイスをそろえ、しっかりと詰め込んでおくことでしょう。多くの商品を見せることで品ぞろえをアピールすることができますし、販売する機会を増やすことができます。
陳列棚に直接つけるのであれば、スイングpopが良いでしょう。設置する場所を取らないため、簡単に取り付けることができます。商品の真横に注目や話題ですといった一言が添えられていると、商品にも注目します。
最終的な購買を刺激する場所として、レジ横は重要なポイントです。財布を出している段階ですので、おつりで購入できるような品物や、買い忘れそうなもの、買い足ししたくなるようなものを置いているでしょう。ここにスタンドpopをおくと、目線を集めることができます。ワゴンに陳列を行う場合にもスタンドpopは効果的です。パネル状になっているPOPを使用すれば簡単に倒れることもなくしっかりと固定でき、軽くぶつかってしまうことがあるワゴンでも安心です。
POPを使用する際に重要なのは、セールという言葉でしょう。ついで買いといってもいい状態ですので、割引されたものなどお得感があると、つい手を伸ばしてしまうことに繋がります。心理という面では、非常に有効な手法です。
POPが有効に働けば、レジでいちいち声がけしたりすることもなくなりますので、販売員の負担の軽減にもつながるでしょう。

立体的効果とキャッチフレーズで商品を的確にPR


どこでもつけることができるのがスイングpopの特徴ですが、訴求効果のあるものにさらに取り付けて目線をうばうというのもひとつです。揺れているだけでも何だろうという関心を引くことができるのですから、相乗効果を上げることができるようになります。もちろん、中吊りに使ってもいいでしょう。本来は平面でしかない広告が、立体的なものに変わるのですから、大きな効果があるのがわかるでしょう。
スタンドpopにはブックエンド型のものも存在しています。これは特殊な3次元型のPOPで、陳列棚に置き、POPの上に商品を陳列して使用することであらゆる角度で商品を紹介することができます。下に置くとはいってもそれはPOPを固定するためで、POPとして機能する部分は陳列棚の前面に引っ掛けるようにします。商品の横側に立てるようにPOPを起こすこともできるため、商品の仕切りとしても使用できます。
POPを作る場合に注意したいのは、キャッチフレーズを中心にすることです。商品名は必須ではありません。目線を奪うアイキャッチとして活用することになるのですから、余計な情報をごちゃごちゃとさせるのではなく、おすすめをはっきりさせるようなフレーズにすることが大切です。次にパッケージでは伝えられないようなポイントを訴求します。目線が来れば読んでもらえるようになるのですから、小さな文字でもいいでしょう。それを要約しつつ入れてあげれば、興味を覚える方も増えます。
価格を入れる場合には、具体的にいくらなのかといったことを訴求するといいでしょう。本日50%割引といったものも見かけますが、割安なのかどうなのかはわかりません。わからないのですから、安いといった感じもなく、興味を覚えなくなるでしょう。割安感を感じることができれば、購入したいと考える方がより多くなるでしょう。
使い方次第で大きな効果を生み出すことができるのが、小さくてもアイキャッチに役立つPOPです。素材なども工夫することができるため、活用の幅が広い方法です。

次の記事へ

無料お見積り・ご注文などお気軽にお問い合わせ下さい!

ページの先頭へ

販促モアは、「スイングPOP・プライスカード・スタンドPOP・ミニのぼり」など販促のためのPOPから、販促のためのシール、緊急対応・訂正 シール、ノベルティなどを取扱う激安通販サイトです。低価格・小ロット・短納期など柔軟な対応によりお客様からのクチコミにより多くのお問い合わせをいただいております。注文やサンプル請求や無料見積りなどお気軽にお問い合わせください。