スタンドポップの優れた効果とメリットとは?のご紹介

販促POP・ノベルティグッズの「販促モア」トップページ > コラム > スタンドポップの優れた効果とメリットとは?

スタンドポップの優れた効果とメリットとは?

スタンドポップの優れた効果とメリットとは?




販促には欠かせないポップの種類について



店頭においてスタッフが宣伝をしなくても、その商品のアピールポイントを効果的に伝えてくれるという点で、ポップは販促には欠かすことができない存在です。店舗でポップを使用していないというケースはあまりないでしょうが、ひとことでポップと言っても様々な種類のものがあります。例えば、プライスポップ、スタンドポップ、スイングポップなどが一般的によく利用されるポップです。また、店頭で使うポップにはそれぞれの役割があります。

まず、商品の価格の安さやおすすめの商品であるということを伝えたいときには、プライスポップを用いるのが一般的です。消費者にとってはこのポップが一つあるだけでお得な商品であること、おすすめの商品であることなどが一目でわかります。そのため、価格面において訴求効果を出したいときには、プライスポップがおすすめです。

スイングポップは風によって自然に売り場で動くため、消費者の目を引きやすいという特徴があります。動くものに対してはついつい目がいってしまうため、無意識の内にその宣伝を消費者の記憶に刻むことができます。

スタンドポップはスイングポップの様に動きがあるものではありませんが、商品の価値や効能、特徴といったものを訴求するために非常に高い効果を発揮するものです。

このようにポップもその販売状況に応じて適切なものを使用する必要がありますが、今回はスタンドポップのメリットと効果について紹介します。



スタンドポップを取り入れるメリットについて



ここではスタンドポップのメリットについて紹介します。

最大のメリットを挙げてみると、やはり売り場の中でも目につきやすい存在であるということが一番に挙げられます。商品が並んでいる売り場に一つあるだけでも、その売り場の存在感を上げることができるポップです。たとえ厚紙に印刷されたシンプルなものであったとしても、置いてあるだけで消費者の目を引くことができるので販促効果は抜群です。

また、スタンドポップはシンプルなものだけではなく、様々な形のものを作ることができるというメリットもあります。厚紙をその商品の形にくりぬいたり、好きな形で作ることができるため、売り場に華やかさをプラスするとともに注目度を上げることができます。さらに厚紙を立たせただけのものではなく、三角柱型で折って作るタイプのポップや長方形で箱型のポップも作ることができ、使い方の幅も広がります。箱型のものは正面、裏面、側面と全方向に販促内容を印刷することができるため、例えばイベント中だけイベントの内容を印刷した面を正面に向け、その期間が終わったら裏面にして違う販促内容を提示する、といった使い方もできるようになっています。

スタンドポップはこの様に、様々な使い方ができる柔軟性があるもので販促効果も高いですが、低コストで実現可能という点も大きなメリットです。厚紙に販促内容を印刷するだけで手軽に取り入れることができるため、費用面でも大きな負担になりません。紙なので使い終わったら可燃物として簡単に廃棄ができるというのもメリットです。



スタンドポップを取り入れることで得られる効果とは



この様にメリットが多いスタンドポップですが、これを設置することで得られる効果について紹介します。このタイプのポップを設置することで得られる効果は大きく分けて3種類あります。

まず1つ目は「商品への注目度が上がる」ということです。ポップが置いてあること自体で消費者はその商品に注目することになるため、商品が目に留まりやすくなります。デザインや形が目を引くものであればあるほどその注目度は上がるため、前述した通り商品の形にくりぬいたタイプのスタンドポップであればその効果はかなり高くなります。

そして2つ目は「商品の特徴を伝えることができる」という点です。スイングポップは関心を引く力は強いのですが、動きがあるため商品の特徴を伝えることには向いていません。その点スタンドポップであれば動きがないため、印刷した文字を消費者に伝えるという効果が高くなっています。ポップという性質上、たくさんの文字を書くべきではありませんが、特に伝えたい特徴に的を絞って印刷することで、消費者に対して的確に伝えることができます。

最後の3つ目は「多くの情報量を伝えられる」という点です。これはスタンドポップの中でも三角柱型のものや箱型のタイプのものになりますが、三角柱型のものは3面を使用して情報を印刷することができるため、一面だけのポップと比較するとその情報量は3倍になります。一面に多くの情報量を印刷するとポップとしてのインパクトがなくなり情報を伝えきることは難しくなりますが、一面に載せる情報量を少なくして、情報を見せる面を多くすると、結果的に商品の訴求効果もそれに比例して高まるという効果を期待することができます。

次の記事へ

無料お見積り・ご注文などお気軽にお問い合わせ下さい!

ページの先頭へ

販促モアは、「スイングPOP・プライスカード・スタンドPOP・ミニのぼり」など販促のためのPOPから、販促のためのシール、緊急対応・訂正 シール、ノベルティなどを取扱う激安通販サイトです。低価格・小ロット・短納期など柔軟な対応によりお客様からのクチコミにより多くのお問い合わせをいただいております。注文やサンプル請求や無料見積りなどお気軽にお問い合わせください。