今電飾看板よりのぼりを意識するべき……?のご紹介

販促POP・ノベルティグッズの「販促モア」トップページ > コラム > 今電飾看板よりのぼりを意識するべき……?

今電飾看板よりのぼりを意識するべき……?

今電飾看板よりのぼりを意識するべき……?

旗・のぼりの持つ重大な意味


最近ではどのお店も、ポップに積極的です。このインターネットに精通した現代社会において、何か新しい主流の宣伝方法もありそうですが、購買しようとしているお客様は、まだまだ古典的・オーソドックスな心理で買い物をしていると考えるべきです。現在、店舗に佇むお客様は、間違いなくパソコンのバーチャルショッピングをしている訳ではなく、リアル店舗での直接的な買い物をしている訳です。何か新しいもの、新しいものという商売をする方々への向きあい方では、お客様がそれについて来ないかもしれません。人間の心理など、本来昔から何も変わってないはずです。
路面店のようなお店にとっては、外部も利用した宣伝材料として、看板、のぼり、POPなどがあります。ある日本の巨匠と言われた映画監督は、映画のシーンにおいて、いつだって旗をパタパタとはためかしています。旗の映画に対して与える効果も想像以上大きいということが推測出来ます。映画は、初心者の監督に撮らせてしまえば静的なつまらないものにすぐになってしまう恐れがあります。そのような初心者の監督だって、旗を多く利用して風になびかせておけば、映画は動的にイキイキとしてきます。時として、ストーリーも流れていかない、息のつまるような映画を作ってしまうことがありますが、お客様はその映画の中でも、旗がパタパタとはためいているだけで、気分が流動的になって来ます。そこに旗が存在して、旗を揺らしているのは風であり、お客様は、疑似の風に吹かれているような気分になることが出来ます。そして、旗の役割は、シンボルであり、そのシーンにおいて象徴が存在しているからこそ、ワンシーンがイキイキとして来ます。更に続けます。

のぼりで現在開いているかが判る


お店にとって旗の役割をしているのが、宣伝効果として有効的なのぼりです。看板は、外に面した場所に出され、そこになんのお店があるのかの意思表示が可能です。OLが胸につけているネームバッチのような役割もここで持たせることが出来ます。看板がなければお店はやっぱり地味でお店らしくなく、お客様は見かけがお店らしいお店を求めているものです。商売をしようとしている人たちは、当たり前の発想としてやっぱり看板を意識しなければなりません。
より高い宣伝効果を期待し電飾など利用する店舗が増えて来ましたが、どこの店舗でも電飾を当たり前に利用するようになり、あまり電飾もお客様の目をひかなくなってしまって来ているのではないでしょうか。かつ電気代ばかりかかってしまうのです。しかし、今の流れに従うというのもある意味ルールで仕方なく電飾をつけている店主も多いでしょう。
その電飾看板を補足する意味においても、有効的にポップの方法がとられる必要があります。電飾看板なら、店舗が閉まっているときは基本、電飾が消えているものと思いきや、最近ではお店を広告したいばかりにお店が閉まっている時もピカピカしている場合があります。お客様は、お店が開いているものと勘違いをして、遠くからこちらへ出向いてしまうかもしれません。
そこにプラスして、のぼりが設置されていればその存在こそが現在お店が開いていることをしっかり教えてくれているのです。そこにも、旗と風の大きな役割があり、イキイキとした風を旗が演出してくれているのです。

電飾看板よりのぼりの効果が大きい


のぼりという方法が、お店を宣伝するためにとても効果的です。お客様は、本来、やっぱりそのようなオーソドックス、古典的なものを求めているのかもしれません。旗は風を演出して、お客様は、その風に導かれるようにしてお店の中に入っていくのかもしれません。人間は、やっぱり野性を心の中に秘めている存在なのです。結果、電飾看板でのキラキラする宣伝効果よりは、こちらの方に潜在的に導かれ、お店に入って行きます。競合するお店が側にあり、そのお店がそのようなポップアイテムにはそれ程見向きもせず、電飾看板をキラキラ輝かせているだけという場合、この旗の効果が大いに役立つことでしょう。
競合店はこんなにも電飾看板をキラキラ昼夜輝かせているのに、なぜこっちにお客様が来てくれないのか、不思議に思っているでしょう。別に何も不思議なことではありません。電飾看板も、このお店に来てくださいとストレートに宣伝をしています。しかし、その電飾看板は、お客様にとってそれ程居心地の良くない、人工的光の集まりに過ぎないのです。人間は、あまりにも技術革新・科学的なものに包まれて過ぎて辟易してしまうことがあるのではないでしょうか。拒否反応を示し、何も感じなくなっているのかもしれません。のぼりの場合、自然が、お客様をお店へと導いてくれます。
旗自体が古典的シンボルであり、お店にいらっしゃいと言っている訳ですが、プラスして、風のベクトルが、大いにお店へ導く宣伝効果に貢献してくれていたのです。

次の記事へ

無料お見積り・ご注文などお気軽にお問い合わせ下さい!

ページの先頭へ

販促モアは、「スイングPOP・プライスカード・スタンドPOP・ミニのぼり」など販促のためのPOPから、販促のためのシール、緊急対応・訂正 シール、ノベルティなどを取扱う激安通販サイトです。低価格・小ロット・短納期など柔軟な対応によりお客様からのクチコミにより多くのお問い合わせをいただいております。注文やサンプル請求や無料見積りなどお気軽にお問い合わせください。