企業がいま注目!販促に役立つスタンドポップのご紹介

販促POP・ノベルティグッズの「販促モア」トップページ > コラム > 企業がいま注目!販促に役立つスタンドポップ

企業がいま注目!販促に役立つスタンドポップ

企業がいま注目!販促に役立つスタンドポップ



スタンドポップを活用すると企業の販促に役立つ



商品のブランディングやマーケティング分析と同じくらい、POPの活用は企業にとって重要な意味をもちます。お店を訪れる人は必ず最初から商品に興味があるというわけではありません。そのため、印象に残りやすいPOPが必要です。顧客に伝わるPOPは企業の利益に直接つながるため、現在ではどの分野においてもPOPは有効に活用されています。

ここでは店頭に足を運んだ人が思わず足をとめたくなる印刷物の工夫について深く掘り下げます。パンフレットや広報資料よりも先に来訪者の目をひくのは、おそらく大判のPOPやポスターでしょう。これらが目立つ位置に置いてあれば、それだけで通る人たちの足をとめることができます。大きければいいというわけでもありません。文字のレイアウトや配色も重要で、遠くからでもタイトルとリード文が十分読めるほどに文字サイズを大きくする必要があります。自社製品の紹介はPOPの真価が最も発揮される部分であり、担当者として力を注ぐべき箇所でもあります。これらの出来栄えによってその後の営業利益が左右されると言われているほどです。

POPにはつい商品の良いところばかりを詰め込みたくなりますが、あわせて短所や使いにくいところ、それをカバーする方法も書いておくと読む側の印象が良くなります。本当に伝えたいことを箇条書きにし、内容をポイントごとに区切るなどの配慮が販促の基本です。POP作成のテクニックはいろいろありますが、最終的に商品の売れ行きを左右するのは作成する側のサービス精神です。自分が今作っているPOPをいつ誰に、どのような環境で読んでほしいのかを最優先に考え、文字と色でユーザーを楽しませることができるように工夫しましょう。



販促資料で印象アップ!ビジネスでスタンドポップを上手に使うコツ



企業として準備すべき資料は、POPやポスターだけではありません。店頭を訪れた人の心をより深くキャッチするためには、チラシやノベルティなどのいわゆる補助資料を上手に活用することが求められます。これらは持ち帰ってもらった後、長期間手元にあって会社や営業内容を知ってもらうためのものであり、興味を持ってもらうための工夫が必要です。

補助資料ができたら、それらを手に取ってもらえるようPOPをできるだけカラフルにして作成しましょう。企業名をひと目見て読み取れるような場所に配置し、どこのお店で配られたのかすぐに思い出せるようにしておきます。かわいらしいデザインにするのもひとつの工夫でしょう。

ユーザーが注目するのは、広報資料や商品パンフレットばかりではありません。PRに力を入れている企業はどこも等身大パネルやPOPの重要性を理解し、ビジネスでもうまく取り入れています。等身大パネルは特にユーザーの目をひきやすいため、プロモーションの上で有力な武器になります。POPは書店でもよく見かけるように、短い言葉で強く訴えかけられる効果があり、パンフレット以上に印象に残る場合があります。情報を詰め込むのではなく、読む人にやや軽いトーンで語りかけるなど、担当者の人柄が伝わるような文面にするとより効果的です。

パンフレットデザインも完璧、POPやチラシも工夫した、これで準備は万端かというと、まだまだ油断は禁物です。お店を訪れる人は商品の陳列にも目を配っているもので、計画的に整然と並べられていれば自然と好印象を与えることができます。商品陳列によく使われるのは、組み立てや移動がしやすい販促物を選ぶと良いです。運びやすく商品をきれいに陳列できるため、重宝されています。そのほか、場所に応じて商品の補足情報やキャッチコピーを側面に書いておくだけでも集客効果は格段に上がります。



スタンドポップといえば本屋!心のこもった宣伝で印象的なPRを



ふだんの生活でPOPをよく目にするシチュエーションといえば、書店がまず思い浮かびます、書店で見かけるPOPは一つ一つの書籍をPRするためのもので、商品をユーザーに効率よく宣伝するツールという意味では、他の分野の企業から見ても参考になる手法です。POPは限られた時間でユーザーに訴えかけるものなので、ひと目見て分かりやすいものでなくてはなりません。書店に配置するPOPはその本の内容と魅力を端的な表現で伝えることに意味があり、ユーザーの興味を視覚的に惹きつけることに最大の目的があります。

POPづくりに慣れていない新人の店員は、本の内容をPOPの中で伝えようとすることもあります。言葉を省略するノウハウがまだ十分に身についていないため表現はどうしても冗長になり、ユーザーにとって分かりにくいPOPになってしまいます。それに対し、POPの作成に慣れている書店員は、本の魅力をひと言でとらえるセンスと能力に長けています。簡潔だけれども無愛想ではなく、省略しているようでいて実はその本の世界をあますところなく表現しているPOPは誰にとっても理解しやすくなり、思わずうなってしまう言葉に出会うことも少なくありません。ある大手書店では、新人のうちは徹底的にPOPづくりの基礎を習得させ、ある程度年数がたってから実際に店頭に並べるPOPの作成を担当させていることもあります。

このように簡潔で分かりやすいことがPOPの必須条件ですが、単調すぎたり表現が紋切り型だったりするようなPOPはかえって逆効果です。また、主観をあまりにも前面に出しすぎているPOPも押しつけがましく手に取らない可能性もあるので、要点を押さえて商品紹介をしていきましょう。

次の記事へ

無料お見積り・ご注文などお気軽にお問い合わせ下さい!

ページの先頭へ

販促モアは、「スイングPOP・プライスカード・スタンドPOP・ミニのぼり」など販促のためのPOPから、販促のためのシール、緊急対応・訂正 シール、ノベルティなどを取扱う激安通販サイトです。低価格・小ロット・短納期など柔軟な対応によりお客様からのクチコミにより多くのお問い合わせをいただいております。注文やサンプル請求や無料見積りなどお気軽にお問い合わせください。