古典的見直しが必要? ポップ・POPとは基本的な広告媒体のご紹介

販促POP・ノベルティグッズの「販促モア」トップページ > コラム > 古典的見直しが必要? ポップ・POPとは基本的な広告媒体

古典的見直しが必要? ポップ・POPとは基本的な広告媒体

古典的見直しが必要? ポップ・POPとは基本的な広告媒体

POPは基本的広告媒体


企業は販売促進について、今考えていかなければなりません。多くの商店などで注目されているものがPOP広告です。POP・ポップといえば、キャンディーのような甘いイメージを抱く人もいるかもしれませんが、Point of purchase advertisingを略したものであり、販売促進のための広告媒体であり、お客様にとって、甘い魅力的なものであって全然構わないといえば構わないです。商売をしている人たちは、「売る」ためには何をしなければならないかということを常日頃真剣に考える必要があります。
紙を広告媒体としているという意味では、昔から存在している古典的方法として考えることが出来るかもしれませんが、現在だって、商売というものはそもそもお客様と店員が直接的に向きあうパターンがほとんどと言ってもいいのではないでしょうか。そのようなとき、未だポップという方法は有効的に活かされているはずです。
商品には商品名があり、価格があります。それを買い手の人たちに、わかりやすい方法で伝える必要があります。そして、更にその商品がお客様にとって、どのような商品か、どのようなメリット、お得情報が存在しているか出来れば伝えたいです。ポップの役割は単純なツールだというのに、とても大きいものです。
ポップはその店舗独自の空気感を作りあげるための重要な要素です。お客様の方も単純だからこそ、受け止めやすいというメリットが存在しています。店舗の売り上げはこのポップに左右されると言っても間違いではありません。今、新しいバーチャル的な広告を使用する流れもあり、広告媒体をそのようなものに全部任せている人も、それがあまりにも当たり前過ぎてあまり効果が出てないという場合もあります。もう一度古典的な見直しが必要です。

商売をする人たちはPOPの必要性を追求したい


今、もう一度商売をしている人たちは、ポップの重要性を再認識してみるべきです。ポップによって、店舗の売り上げが大きく左右すると言われています。それはセルフサービス形態の業態では店員の業務を確実に補助してくれるものにであり、ただ、ブラブラと、スイングポップが意味なく揺れているということではありません。ユラユラと揺れてくれることにより、お店全体が動的なモノになり、活気づいてくるような感じがしてしまうのです。
それは単にイメージに過ぎないのかもしれませんが、商売において、イメージというのも売り上げの大事なポイントの一つです。お店の人たちは、広告媒体によってお客様に伝え、お客様に購入するモチベーションをもたらすことが出来ます。そして、広告によって、本来のその商品以上の良いイメージを作りだし、お客様に購入させることも出来ます。それは詐欺でも何でもなく、商売のマジックとして考えるべきです。多くの企業・お店でもやっていることであり、その競争に乗り遅れては、商売を成り立たせるのは難しいでしょう。あのお店は、ちょっと魅力的というのに倒産してしまうお店は一杯あります。それは、そのお店に広告のノウハウがなかったり、ポップの古典的ノウハウを軽視してしまっているせいかもしれません。
手作りのモノが、お客様に、よりいいイメージを与える場合もあります。店のスタッフに代わっておすすめの商品を知らせ、その情報提供をすることで、購買意欲をお客様に促進させることも可能です。

商売をしていく上で必然的に考えていかなければならないPOP


商売をする人たちは、優れたポップ広告とは何かということを追求していかなければなりません。ポップには大きく分けて、「アウトショップ」と「インショップ」と「商品まわり」更に「店内装飾」に分類することができます。
アウトショップ用の場合のポップ広告は、お店の前を通りかかった人を店内に誘導するために存在します。セールを行えば、それを大々的に告知する必要があり、「激安!」という情報よって、お客様の購買意欲がかきたてられることになります。お客様という存在は、はっきりと言えば、とても安易なモチベーションで商品に接し、「激安!」という広告があるからこそ、その商品に注目して、その商品が非常に安い価格ではないとしても、それ相応なら、激安!という言葉を鵜呑みに受け入れてしまう傾向があります。お客様がサイフに厳しいといういい方も当たっているのですが、イメージ・群集心理と言った、よくわからないものに誘導されて、購買意欲がそそられてしまうものです。激安!というポップによって、多くの人たちが群がればここに群集心理が働くことになります。
インショップ用のポップ広告には店内の雰囲気を盛りあげてくれて、商品まわりのポップは、特定の商品をお客様にダイレクトにプッシュします。店内装飾では、直接に商品広告とは関係はなく、売り場の雰囲気を盛り上げることによりイメージのための装飾として存在します。クリスマスシーズンになると店内にツリーやキャンドルをお店の人たちが飾るのも、販売するために良い演出をするためであり、決して商売と無関係ではありません。

次の記事へ

無料お見積り・ご注文などお気軽にお問い合わせ下さい!

ページの先頭へ

販促モアは、「スイングPOP・プライスカード・スタンドPOP・ミニのぼり」など販促のためのPOPから、販促のためのシール、緊急対応・訂正 シール、ノベルティなどを取扱う激安通販サイトです。低価格・小ロット・短納期など柔軟な対応によりお客様からのクチコミにより多くのお問い合わせをいただいております。注文やサンプル請求や無料見積りなどお気軽にお問い合わせください。