規格サイズに合わせたシールも注文可能のご紹介

販促POP・ノベルティグッズの「販促モア」トップページ > コラム > 規格サイズに合わせたシールも注文可能

規格サイズに合わせたシールも注文可能

規格サイズに合わせたシールも注文可能


現代印刷の歴史の概要



現代印刷の歴史は、1450年にドイツの金細工師グーテンベルクが発明したとされている、活版印刷術にあると言われています。ヨハネス・グーテンベルクは、活字の開発と共に活版印刷術を発明したことで、たくさんの書物を発行することに貢献しました。彼の功績によって、次第に世の中へ書物が溢(あふ)れはじめ、これまで手書きの逸品ものだった書物は、一般の人たちにまで手の届くものになったのです。

当時知識に飢えていた人たちは、こうした書物に群がっていきますが、相乗効果として文化人たちが増えていきました。グーテンベルクの功績はそれだけにとどまらず、活版印刷術は情報を広めるといった手段の一つにまで発展します。そして、それはヨーロッパにおけるルネサンスを呼び起こし、宗教改革などあらゆる面で近世社会を確立する役割を果たすことができたのです。

発明以前よりグーテンベルクは、詩篇や免罪符を手掛けていました。彼の功績の中でも、42行聖書や36行聖書にカトリコンなどは、印刷の歴史上でも最も貴重な資料の一つとして現在も語り継がれています。一方同じ時代において、中華圏や日本などでは、長い間木版印刷が行われ続けました。もちろんそれまで中華圏でも同じように活字印刷はありましたが、中華圏や日本では単純なアルファベッドの26文字だけで済む西洋のように単純にはいきませんでした。特に日本では、漢字やひらがな、カタカナの入り交じる文章が主体であり、書体も崩し字が主だっていたので、これらを全て活字にするためには、膨大な量の活字が必要でした。また活字が作れたとしても、それらを組み合わせて作り出す文字組みの手間は、半端なものではなかったのです。版木で作成した活字は一度作成すれば何度も繰り返し利用できるため、非常に便利なものとして長い間使われました。



商業印刷物とは



今までに開発されてきた印刷物の種類は豊富で、文化水準が増すごとに多用化されてきました。本来、印刷物の目的である書物の作成以外にも、様々な目的でこの印刷技術は使われ続けてきたのです。その種類には用途による分類がされており、商業印刷物としては宣伝用のチラシやパンフレットなどが挙げられ、広告印刷の種類は非常に幅の広いものとなっています。

また業務用として直接社内で使われるものには、具体例としてマニュアル作成や社内報などが一般的であると言えるでしょう。しかし、何と言っても一番多く使われているところは出版業界であり、出版印刷物や書籍などを始め、文庫本の多くはこの業界で作り出されているものです。定期出版や不定期出版などもあり、雑誌なども豊富で数多くの印刷物を産み出してきましたが、近頃はオンラインブックなどの影響で部数は伸び悩んでいるようです。

そして業務に関して重要なものも多く、具体例としては事務用印刷物などが挙げられるでしょう。事務用伝票や単式伝票を始め、連続伝票に複写伝票、発注注文伝票など、デジタルでは通用しないものもたくさんあります。事務用品関連もいろいろとあり、名刺やはがき、封筒などの印刷物も、デジタルなどのメールとは異なり、気持ちのこもったものとして再活用されています。

他にもビジネスフォームや証券印刷物、証券類、債券など重要書類などがあり、商品券などの金券も多く利用されています。最近では、どのようなものにでも印刷できる技術が確立されており、磁気カードなどカード類を始めとする特殊印刷に活用されています。また、パッケージや紙器、包装用などにも多く利用されており、建装材やシール印刷などの応用もされています。



シール印刷とサイズ注文 



シールは基本的に、屋内で利用するものに使うことが多いと言えるでしょう。商品を梱包する箱や袋、瓶詰、ボトルなどに直接印刷することは非常に手間が掛かり、専用の印刷機が必要なため、大量に生産をせねばならず、コストがかかるものです。また瓶などは再利用可能な再資源ですが、直接印刷してしまうと印刷した商品にしか使えませんので、他の商品に転用することはできません。そして、商品のデザインや名称の変更といった際には、その都度コストが新たにかかるという悪循環になってしまいます。

しかし、シールであれば貼って?がすだけなので再利用も非常に簡単であり、個別に印刷をしたり専用の印刷機を使わないで良いため、ほとんどランニングコストのかからないデザイン表示の手段であると言えるでしょう。

シールであれば、気軽に張り替えることはもちろん、注文によってそのサイズは自由に変更をすることが可能です。ドリンク一つをとっても100mlのペットボトルから、1.8Lサイズまで大きさに大変な違いがあり、印刷を行うにはそのボトルの大きさに応じた印刷が必要でした。しかし、シールであれば自由に拡大ができるので、レイアウトなども自在に行うことができます。専門の業者では、おおまかなデザインから細かい要望まで印刷に反映してくれるので、注文通りの品物を提供してくれます。

素材やサイズも様々なものがあり、防水性の高い素材もあるので、どのような商品でも自在に貼りつけることで、その商品価値を高めることができます。様々なタイプに応用できるのもその利点で、食品や通常の商品をはじめ、訂正シールや工業用または業務用のものまで対応が可能で、場合によっては販促用の配布などにも活用ができます。

次の記事へ

無料お見積り・ご注文などお気軽にお問い合わせ下さい!

ページの先頭へ

販促モアは、「スイングPOP・プライスカード・スタンドPOP・ミニのぼり」など販促のためのPOPから、販促のためのシール、緊急対応・訂正 シール、ノベルティなどを取扱う激安通販サイトです。低価格・小ロット・短納期など柔軟な対応によりお客様からのクチコミにより多くのお問い合わせをいただいております。注文やサンプル請求や無料見積りなどお気軽にお問い合わせください。