販促品としてしおりを作るなら、どんなことに気をつける?のご紹介

販促POP・ノベルティグッズの「販促モア」トップページ > コラム > 販促品としてしおりを作るなら、どんなことに気をつける?

販促品としてしおりを作るなら、どんなことに気をつける?

販促品としてしおりを作るなら、どんなことに気をつける?



販促品として人気が高いしおり



販促品には様々な種類のアイテムがあり、その時々に合わせてノベルティを変えることで、よりニーズに合わせたアイテムを作る事が出来るとして知られています。近年非常に人気が高い販促物として知られているのが、しおりです。読書をする際など、ページマークとして挟んで置くことが出来るしおりですが、何かと便利に活用できる場面が多いため、ノベルティとして貰うと嬉しく感じる方が少なくありません。

本屋さんのイベントや、アニメのイベントのノベルティなど、様々な場面で配布されているタイプのアイテムですが、本関係だけではなく、どんなイベントにも対応が可能です。大量生産をしても他のアイテムと違ってかさばりにくく、保管が難しくないという点が、人気を集めている理由と言えるでしょう。持ち運びにも不便にならず、どんな販促物をつけるか悩んだときにこちらを選んでおくと、大抵喜ばれるタイプのノベルティとして知られています。

そんなしおりのノベルティですが、作る際には、専門業者に依頼をして注文することが大切です。出来るだけ理想的なアイテムを作る為に、出来るだけ手軽にお安く作る為に、業者比較をしっかりと行って、商品作りをしていくとよいでしょう。無料で配布する物だからと言っても、手を抜いて作ってしまうと、イベントの質まで落ちてしまう可能性があります。とはいえ、時間とお金をかけすぎて作成しても採算を合わせることが出来ませんので、注意が必要です。

手軽に配布できるタイプのアイテムだからこそ、ある程度こだわりを持って、よく考えて作成することが重要になります。依頼をする際には、事前にコンセプトなどをしっかりと決めた上で、業者に依頼をするように心がけましょう。



サイズ感やデザインを決める



販促物として人気の高いしおりですが、業者に作成依頼をする際には、事前に様々な事柄を決めておくことが大切です。例えば、サイズ感やデザイン感など、ビジュアルに関して、よく考えておきましょう。

どんなによい印象を与えたいと言っても、大きすぎてしまってはブックマークとしては使う事が出来ません。反対に小さすぎても、何処かに紛れてしまい、使い勝手が良くありませんので、ある程度バランスを見た上で、判断することが重要です。利用するユーザーが使いやすいよう、イベントの趣旨などと合わせてよく考えた上で、サイズを決めるようにします。

また、販促しおりとしての印象を決めると言っても過言ではない、デザインも重要なポイントです。企業ロゴを入れるのか、どんな形にして、どんな絵や写真を印刷するのか、よく考えてイベント内容などに沿ったデザインを作るように心がけましょう。あまりにもイベント内容にそぐわない内容ですと、どうしても浮いてしまいますので、事前によく相談した上で業者に依頼をします。

デザイン面に関しては、依頼する業者によって、インクの質、画質の良さなども変わってきます。大量注文した後にイメージと違っていたとなってしまっては困りますので、ある程度業者の質を判断することも大切です。

サイズやデザインにこだわりを持つことが、販促物としてのクオリティーを上げ、引いては、お客様からの印象を左右することになると言えます。企業のイメージアップに?がる場合もあれば、反対にイメージダウンとなってしまうこともありますので、ある程度こだわりを持った上で取り組むようにしましょう。



作成する量に注意



こだわりの販促しおりが出来上がった際、せっかくなら大量に作りたいと、ついつい作りすぎてしまっては危険です。他のイベントでも使い回しでき、保管もしっかりと出来るのであれば話は別ですが、あまり現実的な量でないと、無駄なお金となってしまう可能性がありますので、十分注意をしましょう。依頼をする前には、イベントでどの程度の集客が見込めるのか、どの程度の人数に配る予定なのか、しっかりと計画を立てることが大切です。

また、予め予算が決められている場合は、予算に合わせて依頼する量を決めるのも1つの手でしょう。ある程度予算を合わせて依頼する事で、余計な在庫を余すことなく、保管する手間も省けます。大量に注文をして、配り終わり次第終了と出来るようなタイプであれば良いですが、あまり人気が無いイベント等の場合、大量に注文しても余ってしまい、配布を依頼しているお店に迷惑がかかることもありますので、注意が必要です。

依頼する業者によって、当然ですが依頼料金も異なりますので、作成料を決めたら、ある程度見積もりを出した上で、依頼する量を決める事が大切になります。作成をしたい量に比べて、作成金額が大幅にアップしてしまっては元も子もありませんので、依頼をする前に金額を確認しましょう。ただし、安ければ良いという事でもなく、質と金額が見合っている所に依頼をしないと意味がありません。

また、納品スピードも依頼する業者によって異なりますので、注文をする前に、事前にどの程度で納品をすることが出来るのか、確認をしておく必要があります。

次の記事へ

無料お見積り・ご注文などお気軽にお問い合わせ下さい!

ページの先頭へ

販促モアは、「スイングPOP・プライスカード・スタンドPOP・ミニのぼり」など販促のためのPOPから、販促のためのシール、緊急対応・訂正 シール、ノベルティなどを取扱う激安通販サイトです。低価格・小ロット・短納期など柔軟な対応によりお客様からのクチコミにより多くのお問い合わせをいただいております。注文やサンプル請求や無料見積りなどお気軽にお問い合わせください。