宣伝に効果的なミニのぼりの作り方のご紹介

販促POP・ノベルティグッズの「販促モア」トップページ > コラム > 宣伝に効果的なミニのぼりの作り方

宣伝に効果的なミニのぼりの作り方

宣伝に効果的なミニのぼりの作り方


のぼりの起源


のぼりは幟とも書き、縦長の長方形の布の上辺と一方の長辺を竿に固定した旗の一種です。
起源は平安時代に遡り、この頃は自軍の威容を誇示したり、敵味方の区別を明確にして味方の士気を高めたりする目的で使われていました。この頃にはまだのぼりという言葉はなく、流れ旗と呼ばれていました。

室町時代に入ると、同族同士で戦になることが増え、両軍が同じ色の旗を掲げるため区別がつかなくなりました。そこで、現在ののぼりのように竿に固定して区別がつくようにしたところ、徐々に武家の間に広がっていきました。
また、流れ旗を高く掲げると、裾が他のものに絡まってしまうことから、現在ののぼりのような固定の方法になったとも言われています。
江戸時代に入り戦がなくなると、歴史上の英雄や武将などの武者絵が描かれたのぼりが、子どもの節句に飾られるようになりました。 

その他の用途としては、神社で神が降臨するための目印として立てる、または相撲の力士のしこ名や役者の名前が入ったものを会場に立てるなどが昔からあります。
相撲の力士ののぼりは色鮮やかですが、黒色の染料は使われていません。これは黒が黒星、つまり負けを連想させるからです。 
鯉のぼりものぼりの一種です。鯉のぼりは、男子の立身出世を願って描かれた鯉の滝登りというモチーフが変化したもので、現在の鯉のぼりの形はのぼりというよりは吹き流しに近い形になっています。 
現代では、のぼりは広告宣伝のために用いられることが多くなりました。
ミニのぼりもその一種で、飲食店のテーブルの上や目玉商品の売り場、レジ横などに置かれています。

ミニのぼりの宣伝効果を高めるには


ミニのぼりは、大きいもので縦が50センチ、横が15センチほどのサイズになります。
ミニのぼりには、商品の売り場や飲食店のテーブル、レジ横などにそのまま置くスタンドタイプと、クリップで留めるクリップタイプなどがあります。

スタンドタイプには、スタンド部分の裏側におもりが付いているものと付いていないものがあります。
おもりが付いているもののほうが置いたときに安定し、倒れにくくなっていますが、おもりが付いていないもののほうが安価で作成することができます。
お店の出入り口にあるレジなどに置く場合は、風が吹いても倒れにくいよう、おもりが付いているものがおすすめです。

クリップタイプは、のぼりを立てる角度が変えられないメタルクリップのものと、角度を自由に変えられるマジカルクリップがあり、メタルクリップのほうが安価です。 
ミニのぼりは微風にもなびいて動きが出ますし、立体感があるため目に入りやすくなっています。

見た人の興味関心を引くためには、ぱっと見ただけでアピールしたい内容が分かるようにするのが鉄則です。そのためには、目を引く鮮やかな色にしたり、説明文ではなく簡潔な言葉でアピールしたりすると良いでしょう。
また、のぼりはお祭りなどのイベントに昔から使われているため、置いてあると何か特別なことがあるのかもしれないと思わせることができます。
置く場所も重要です。
新商品を買ってもらいたい場合、ミニのぼりを売り場だけでなく、レジ横に商品と一緒に置くと、購入を誘うことができます。

また、お得な情報を見てもらうための会員登録を促すには、テーブルの上やレジ横にQRコードをデザインしたミニのぼりを置くことも効果的です。

ミニのぼりを作るときに検討しなければいけないこと


ミニのぼりを作るときには、大きさやデザイン、設置の場所や方法のほか、のぼりの素材も選ばなくてはなりません。
素材はだいたい布製か紙製になり、長期にわたって使う場合は布製がおすすめです。
大きなのぼりの布地としてもよく使われるテトロンポンジは、インクが裏に抜けるため、裏から見ると文字が左右逆になります。

また、布製の場合は防炎加工を施すことができるものが多いです。紙製の場合は両面印刷になることが多く、耐久性が布製よりも低くなりますが、安価で制作することが可能です。また、細かいデザインの再現性は布製より紙製のほうが優れています。


次に枚数です。大量に発注する場合、1枚あたりのコストは低く抑えられますが、納期に余裕が必要です。
逆に枚数が少なすぎる場合、業者によっては注文を受け付けてもらえないことがありますので、何枚から注文できるのか確認しておきましょう。 

大きさやデザイン、素材が決まったら、複数の業者から見積もりを取ります。業者によって、デザイン入稿時のデータの形式や、最少の印刷可能枚数、サンプルを請求できるか、納期はどれぐらいなのか、最終的にいくらかかるかなど、さまざまな違いが出てきますので、十分に検討しましょう。

どのように梱包して送ってもらうかによっても値段に差が出ます。自分たちで組み立てるなら、まとめて梱包してもらうと安く済ませることができます。
対象者にとって目に付きやすく、分かりやすいのぼりを製作するように心がけましょう。


のぼりのご相談・お見積りなら販促モアまで!短納期・小ロットの商材も承ります。

無料お見積り・ご注文などお気軽にお問い合わせ下さい!

ページの先頭へ

販促モアは、「スイングPOP・プライスカード・スタンドPOP・ミニのぼり」など販促のためのPOPから、販促のためのシール、緊急対応・訂正 シール、ノベルティなどを取扱う激安通販サイトです。低価格・小ロット・短納期など柔軟な対応によりお客様からのクチコミにより多くのお問い合わせをいただいております。注文やサンプル請求や無料見積りなどお気軽にお問い合わせください。